タロット占断

【タロット】2020年6月15日からの今週のドル円

メリマンカレンシーレポート

今週のメリマンカレンシーレポートは一応はロング戦略。

ただし、サイクル理論での解説ではは5月6日の105.97が安値のMCボトムの可能性があるが、節目の安値が日食にして夏至でもある6月21日付近、あるいは金星が逆行から順行に転じる6月25日付近のどちらかで出現の可能性があるかもしれないということです。

そして現行相場が6月18日~30日付近に向けて下げていくようなら、想定される下値目標値は104.10±10.90だそうですよ。

先週は反騰する可能性があると仰っていましたが、相場は下げましたね。

もちろん下げる可能性も残されているとは仰っていましたが。

私は反騰するに賭けて、買いポジションをもってしまい、絶賛含み損中です(笑)

タロットで今週のドル円を占ってみた

今週のドル円については6月14日にカードを展開しております。

原因:ワンドのナイト

 出発:新天地に向かって旅立つ。熱意だけで具体的な計画がない。無鉄砲。考えることを避けている。

結果:ワンドの5(逆位置)

 勝ち取る。相手を打ち負かす。らちが明かないまま状況が停滞する。衝突を避けるために妥協する。

アドバイス:星

 希望を持ち続けて。前向きな気持ちで。希望の光が見えてくる。未来に向け勢いを増す運気。

原因、結果とワンドのカードが出ているので、それなりに動くのではないかと思います。

ただ、結果のワンドの5(逆位置)がらちが明かないまま状況が停滞するとありますので、今週いっぱいは本格的な動きは見られないかもしれません。

水星が6月18日から逆行を開始しますので、ちょっとは動くのかもという程度なのかもですね。

そしてアドバイスカードに希望が出ているので、希望の光は見えるという意味で、週末に何か動きの兆しみたいなものがあるのかもしれません。

6月21日の日曜日に夏至と日食、金星も続いて逆行から順行になるので、今週ではなく来週に動きがあるのかもしれないですね。

私のドル円ロングポジションについては星のカードを希望にとりあえず持ち続けたいと思います。