ライオンFX

米小売売上高(2019年8月)

為替相場が荒れやすいと言われる今夜の満月の時間は21時30分。

その時間に米小売売上高の指標がありました。

満月の影響もあってきっとすごく動くだろうと期待していたのですが、それほどでもなかったですね。

少し拍子抜けしました。

ですが、その後動きましたね。

フィンランド中銀のレーン総裁による発言を受け、ドイツ10年債金利が低下しユーロドルが下落。

1.11000を割る動きを見せました。

内緒にしていた私のライオンFXでのダメポジションですが、決済か損切した時に公開すると言っていましたが、今告白します。

ユーロドル、1.11050の売ポジションです。

この値に20万通貨を保有しています。

現在時刻は25時になろうとしているところですが、ちょうどこの1.11050付近をうろうろしています。

スワップがついていますので、微益で決済しようかなとも考えたのですが、考えてもう少し保有することにしました。

8月16日の18時にはユーロの指標があります。

ここの指標でもう一段下がるのではないかと捕らぬ狸の皮算用で利益を狙うつもりなのです。

もしかしたらこの判断が後に損切につながってしまうかもしれませんが、ユーロドルのトレンドは下だと思うので、それに賭けてみることにしました。

今回のポジションを最後にライオンFXではスイングトレードは封印します。

スイングトレード終了後はスキャルピングで頑張るつもりです。

8月はあと半月残っています。

できれば今月中に決着をつけたいのですが、どうなるでしょうか。

明日になったら、今日のこの決断を後悔しているかもしれないですが、それでもユーロドルは下へ行くと私は思っています。

それにしても今日の相場はよく動きました。

動くとやはり楽しいです。

明日も(もう今日ですね)動いてくれるといいなぁ。