金融占星術

2021年の1月のメリマンの重要変化日(通貨)

ご無沙汰しておりました。

メリマンのフォーキャスト2021年は昨年中に購入済みです。

afima link

ですが、昨年10月より占い師の仕事を始めたら妙に忙しくて、せっかく届いた本を読んでいる暇がありません!

ブログも書けない状態が続いていました。

今日は1月18日で既に1月も中旬後半ですが、ようやく時間がとれたので遅まきながらこのブログを書いております。

2021年1月の重要変化日

2021年からフォーキャストの仕様が色々変更しています。

ですので、重要変化日についてこのブログでも昨年とは違った表記になることをご了承ください。

で、1月のメリマンの重要変化日は、通貨に関しては1月15日から18日となっています。

本日は1月18日ですが、私は本日以降から通貨に関しては大きな変動の可能性があるのではないのかと思っています。

1月20日の5時40分に水瓶座に太陽がイングレスします。

その時のチャートです。

為替は金星で見ていくとどこかで聞いたように思うのですが、1月20日の金星は山羊座にあっては火星にトライン、海王星にセクスタイルで大人しいアスペクトです。

ですが、水瓶座に天体が4つも入るという水瓶座ステリウムで、水瓶座太陽は土星、木星とコンジャンクション、牡牛座にある火星、天王星とスクエアです。

牡牛座は金融を示しており、何か金融に大きな変化があるのではないかという感じがします。

1月20日は米大統領の就任式があるそうですが、バイデン氏がそのまま大統領に就任することになるのでしょうか?

米大統領の就任式あたりで何か為替にも大きな影響がありそうな気がしてなりません。

ということで、今週の為替の動きには注視していきたいと思っています。