XM口座開設

XM口座開設、まさかの審査落ち!

XMの口座開設、まさかの審査落ちでした。ありえません。海外FX口座って国内FX口座より口座開設するの簡単じゃなかったんですか。国内FX口座の開設ができなかったことはこれまで一度もなかったんですよ。

今日かな明日かなと待ち続けていた私に届いたXMからのメールは「残念ながら今回のお申込みは承認されませんでした。」ですよ!正直、落ち込みました。ということで、本日は承認されなかった理由の推測とその後の顛末について書いておきたいと思います。

口座開設はXMの公式サイトから申し込むべし!

XMの口座開設にあたって、ネットで公式サイトを探しました。そこで私は痛恨のミスをやらかしてしまいました。

公式サイトだと思って申し込んだサイトがIB紹介業者(IBブローカー)だったのです。口座開設の入力を進めていて、「あれ、なんかおかしいな。色々なブログで見る入力の仕方より簡単だな」と感じ、ようやく公式サイトとは違うことに気づきました。そこでやめておけばよかったのに、XMの初回ボーナスが通常の3000円ではなく5000円であることに目がくらみ、そのまま申請を進めてしまったのです。

口座開設代行業者なら口座開設のノウハウも潤沢だろうし、申請もスムーズに通るはず、と思ったことも続けてしまった原因です。

XMの口座開設に必要な書類は?

XMの口座開設には書類の添付が必要です。それが次の2つの必要書類です。

・身分証明書

・住所確認書

そのIBブローカーでは身分証明書として障がい者手帳があげられていました。そのブローカーだけでなく、個人のXM紹介ブログでも身分証明書のひとつに障がい者手帳の例示が出ていましたので、運転免許証やパスポートを持っていない私は迷うことなく、精神障がい者手帳のスキャンデータを提出書類としました。

もう一つの住所確認書には水道料金の明細書を使いました。我が家の正式住所はマンション名の記載がないのですが、水道料金のレシートにはマンション名が記載されています。他の公共料金の明細書には住所の記載がマンション名の記載しかないので、少し気になったけれどこれを提出しました。提出後、IBブローカーから何も連絡がないし、問題ないだろうと思っていました。

XM口座開設審査落ち!

そうしたら冒頭のまさかの口座開設不承認です。XM口座開設の不承認が納得できなかった私はIBブローカーに問い合わせました。すると「XM担当部署の判断によるもの」という回答が来ました。問い合わせから回答までは迅速だったのですが、まさかの審査落ちにかなり落ち込みました。

XMの公式サイトから再度申し込む

あきらめきれない私は再度XMの公式申し込みサイトから申し込んでみました。こちらにそのリンクを貼っておきます。

XM公式申し込みサイト

一度断られているし、ダメかもしれないと思いつつ申し込みました。今度は必要書類に住民基本台帳カードと住民票を提出してみました。なんとなく前回不承認だったのは、必要書類がダメだったのではないかと思ったからです。

すると、XMよりメールが届きました。そのメールがこちらになります。

住民基本台帳カードの代わりにパスポート、運転免許証、マイナンバーカードのいずれかを提出してくださいということでした。住所確認書類の住民票はOKだったようです。

ただ、残念ながら現段階でマイナンバーカードは持っていないのです。持っていないからこその住民基本台帳カードだったのです。

パスポート、運転免許証は持っていないので、ここはマイナンバーカードを申し込むしかありません。早速マイナンバーカードを申し込みましたが、出来上がるまでに最低1か月程度かかるようです。住民基本台帳カードはマイナンバーカードを受け取る時に返還するようになっているみたいです。

という訳で、口座が有効化されるまで1か月は待たなくてはなりません。それもマイナンバーカードは市役所に受け取りにいかなければならないので、受け取るタイミングがずれれば、もっと時間がかかる可能性もあります。

初回のボーナスの受け取り期限は30日みたいなので、初回ボーナス3000円は受け取れないかもしれないです。残念。でも仕方ないですね。今の私のXM会員サイトはこのようになっています。

以上、口座開設の顛末でした。IBブローカーは使わない方がよいと思います。普通に初回ボーナス3000円がもらえるXM口座開設公式サイトから申し込みましょう。